Entries

徳川園

徳川園は、池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園で、清流が滝から渓谷を下り海に見立てた池へ流れるつくりとなっており、日本の自然景観を表しています。
矢田川の河岸段丘を活かした高低差のある地形、既存の照葉樹林、立体的に迫る大きな岩組が特徴です。
徳川園

園内は自由に散策できますが、黒門口から入場しそのまま直進するコースをオススメします。園内東奥、大曽根の瀧を眺めてから清流沿いを歩き龍仙湖まで行くと、川の一生…山の中にある源泉から森を流れて海に至る自然景観を凝縮した様が分かると思います。
徳川園龍仙湖

徳川園は、尾張藩第二代藩主・徳川光友が、1695(元禄8)年に自らの隠居所として大曽根屋敷を造営したことを起源としています。
第二次世界大戦の大空襲によってほとんどの建物や樹林は消失してしまいましたが、戦後に現代的な都市公園として改修、その後日本庭園として再整備を行い2004(平成16)年に開園しました。

徳川園バス停の到着直前/発車直後に見える「黒門(くろもん)」は、1900(明治33)年に完成した尾張徳川家の邸宅の遺構で、総けやき造りの三間薬医門です。連続する脇長屋と塀を含めて、1945年(昭和20年)の大空襲による消失の被害を免れた数少ない遺産であり、武家屋敷の面影を伝える貴重な建造物群です。
黒門

徳川園は四季を通じて様々な花が咲き、訪れる方の目を楽しませてくれます。これからの夏の暑い日に訪れると、清流地帯が涼しくて癒されると思います。
----------
【見学所要時間のめやす】
・ひととおり見る 1時間00分
・ゆっくりまわる 1時間30分

----------
徳川園
◎交通アクセス
 メーグル「徳川園・徳川美術館・蓬左文庫」バス停
 市バス 基幹2系統「徳川園新出来」バス停下車 北西へ徒歩3分
◎場所
 名古屋市東区徳川町1001
◎当施設のホームページ
 http://www.tokugawaen.city.nagoya.jp/
◎開館時間
 9:30~17:30(入園は17:00まで)
◎休館日
 月曜日(祝日の場合は翌日)・12月29日~1月1日
 ※季節・催事などにより、月曜日でも臨時開園する場合あり
◎入場料
 ・高校生以上 300円(1日乗車券をお持ちの方 240円)
 ・中高生以下は無料
【注意】上記データは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://megurubus.blog45.fc2.com/tb.php/9-4934251f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KAZサン

Author:KAZサン
名古屋の観光ガイドボランティアとして、観光ルートバス「メーグル」車内で案内活動をしています。
鉄道やバス、自転車を使って、日本各地を旅するのが好きな人です。
詳しくはこちら

attention.gifお願い
このブログは私設ページですので、公式情報はメーグルおよび各施設の公式ページをご参照ください。
各ページのデータは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター