Entries

TOP > 観光施設(メーグル沿線) > 三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館(旧東海銀行貨幣資料館)は1961(昭和36)年に旧東海銀行の創立20周年を記念して開館し、日本および世界各国の貨幣の展示および歌川廣重の版画類を所蔵・展示している資料館です。
三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

世界最古の貨幣は、紀元前12世紀頃に中国で使われた「貝貨」だそうです。貝がお金の始まりということでしょうか、お金に関する漢字には貝へんが多く使われていますね(「貯」金、「財」産など)。
日本最古の貨幣は、7世紀後期に造られた「富本銭」と考えられています。その後、「和同開珎」が708年につくられたことは有名です。
ここには、現代にいたるまでの日本や世界の貨幣が展示されています。豊臣秀吉による「天正大判」は世界最大の金貨とのことです。また、江戸時代の「両替屋」の復元モデルもあります。
三菱東京UFJ銀行貨幣資料館三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

その他、体験コーナーもあります。
本物の紙幣を見分けるため、「すかし」や「特殊発光インキ」を確認できるコーナー、自分の身長や体重を1万円に換算するといくらになるか調べるコーナー、そして、1億円や千両箱の重さを確認できるコーナーがあります。
1億円の重さって想像できますか? 10kgだそうです。持ってみるとずっしりとした重さがあります。
ちなみに、千両箱は15kgです。箱が6kg、小判(安政小判)1,000枚で9kgなのだそうです。昔と今のお金の重さを比べてみるというのも面白いかもしれません。
三菱東京UFJ銀行貨幣資料館三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

コレクションエリアには、歌川廣重の版画などを中心に展示されています。歌川廣重は、江戸時代の浮世絵芸術でも風景版画のジャンルを確立し、代表作として「東海道五拾三次」を残しています。

----------
【見学所要時間のめやす】
・ひととおり見る 30分
・ゆっくりまわる 1時間00分

----------
三菱東京UFJ銀行貨幣資料館
◎交通アクセス
 メーグル「文化のみち二葉館」バス停下車 徒歩10分
 基幹バス(引山方面)「赤塚白壁」バス停下車 徒歩1分
 基幹バス(栄方面)「白壁」バス停下車 徒歩5分
 市バス「赤塚」バス停下車 徒歩3分
◎場所
 名古屋市東区赤塚町25
◎当施設のホームページ
 http://www.bk.mufg.jp/minasama/kakawari/gallery/
◎開館時間
 9:00~16:00(入館は15:30まで)
◎休館日
 月曜日・祝日・年末年始
◎入場料
 無料
【注意】上記データは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://megurubus.blog45.fc2.com/tb.php/61-2db17186

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KAZサン

Author:KAZサン
名古屋の観光ガイドボランティアとして、観光ルートバス「メーグル」車内で案内活動をしています。
鉄道やバス、自転車を使って、日本各地を旅するのが好きな人です。
詳しくはこちら

attention.gifお願い
このブログは私設ページですので、公式情報はメーグルおよび各施設の公式ページをご参照ください。
各ページのデータは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター