Entries

TOP > フォト・レポート > One Day Cafe #1

One Day Cafe #1

2011年4月23日に、あいちトリエンナーレサポーターズクラブ主催イベント「One Day Cafe #1」が開催されました。
あいちトリエンナーレ長者町会場のひとつであった万勝S館(旧ATカフェ)を1日開放し、各フロアごとに作品展示、アニメーション上映、ライブ、パフォーマンス、プレゼン、ワークショップ、カフェなどを行うものです。

私がスタッフとして参加したのが、長者町まちなかアート発展計画による「きりこ」ワークショップです。いろいろな方が参加し、ステキなきりこが室内いっぱいに飾られました。
One Day Cafe #1

「きりこ」は、宮城県南三陸に江戸中期から伝わる切り紙です。
漁業や水産加工が盛んなこの地域では、海の仕事の安全と大漁を願うため、神社の神職が白い半紙を二つ折にして魚や七福神、宝船など縁起物の図柄を切り透かす「きりこ」をつくり、家々の神棚に飾られています。

One Day Cafe #1長者町まちなかアート発展計画が参加している「アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)」では、参加団体のひとつに南三陸町できりこを使ったプロジェクトがあることから、今回のワークショップでは参加者が作ったきりこと応援メッセージを南三陸町へ届けようという主旨で開催されました。

きりこは、障子紙のような和紙を二つ折りにして切り抜きます。それによって、左右対称の絵柄ができるものです。
形を残すように切り抜くのが正しいきりこの作り方だそうですが、私の腕では失敗すると思い(紙がつながっていないとダランと紙が抜けてしまう)、絵の輪郭を切り抜く方法で作ってみました。
最初に鉛筆で絵を描いていきます。今回は魚や猫を作ってみました。輪郭をきちんと描かず、ところどころ線を描かないところがポイント。
下書きが終わったら、カッターナイフを使って紙を切り抜きます。和紙はザラザラしているので、力を入れすぎると紙がビリビリと破れてしまい、とても難しくて気を遣いました。
One Day Cafe #1 One Day Cafe #1

One Day Cafe #1最初はどんな絵を描こうか悩んだり、恐る恐る紙を切ったりと「自分にきりこが作れるのか」と不安を感じましたが、いざ作り始めると時間を忘れて鉛筆やカッターナイフを握り、次々と線を描き紙を切り抜いていく自分。見事にきりこ作りに夢中になりました。
すべて切り抜いて紙を広げると、左右対称の絵が完成! 上手とは言えませんが、なかなかのできだと自己満足。自分が作ったきりこが形になった感動を味わいました。
このきりこは、被災されたみなさまが「笑顔になって」ほしい、そんな日が来ることを願って作りました(苦手な顔を描くことにあえてチャレンジ)。きりこを作った思いが少しでも伝わればと思います。

One Day Cafe #1

最初は少なかったきりこも、時間が経つにつれ色々な方が参加し、次々ときりこが飾られていきました。きりこが増えていくたびに、ワクワクしました。
夜になると、ワークショップエリアはたくさんのきりこで賑やかに。どのきりこも個性的で、ひとつひとつ鑑賞する楽しみも味わうことができました。そして、きりこを作った人の被災地に対する思い、応援する気持ちも感じることができました。

今回作られたきりこは、5月に南三陸町に届けられるそうです。
愛知からのエールが届いて、被災地のみなさまの願いがかないますように・・・
One Day Cafe #1

----------
【参考】
あいちトリエンナーレサポーターズクラブ
長者町まちなかアート発展計画(今回のワークショップを行った団体)
“生きる”博覧会2010 (AAF参加団体「envisi」主催のアートイベント。「きりこ通り」を開催)
アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)

----------
One Day Cafe #1
期間:2011/4/23(土)
時間:13:00~21:00
場所:万勝S館(旧ATカフェ/名古屋市中区錦2-10-30
料金:入場無料
※次回は、2011/5/28(土)、6/25(土)に開催予定
【注意】上記データは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://megurubus.blog45.fc2.com/tb.php/513-18bc85fe

トラックバック

コメント

[C8] 素敵な時間 祈りの時間

この日ははみなさん 和紙とカッター先に集中して見えましたね。Mさんもわ_き_め_もふらず、創作に燃え上がっていました。
「きりこ」の作品がメッセージとともに南三陸の町に飾られる おだやかな生活が戻ってきますように 祈っております。 

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KAZサン

Author:KAZサン
名古屋の観光ガイドボランティアとして、観光ルートバス「メーグル」車内で案内活動をしています。
鉄道やバス、自転車を使って、日本各地を旅するのが好きな人です。
詳しくはこちら

attention.gifお願い
このブログは私設ページですので、公式情報はメーグルおよび各施設の公式ページをご参照ください。
各ページのデータは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター