Entries

TOP > 観光施設(メーグル沿線) > 文化のみち橦木館

文化のみち橦木館

文化のみち橦木館(しゅもくかん)は、陶磁器商の井元為三郎が大正末期から昭和初期に建てた邸宅です。
洋館と和館、庭園と茶室、土蔵が二棟残されています。洋館のステンドグラス、広い和室と庭園が見どころポイントです。
文化のみち橦木館

最初に入る建物が「洋館」です。ステンドグラスが洋館の各所で使われているのがポイントです。
1階は応接室と食堂で、今は喫茶として使われています。ここではコーヒーや軽食、ランチをいただくことができます。
2階は娯楽室や寝室として使われていました。
文化のみち橦木館

文化のみち橦木館洋館の奥に棟続きで「和館」があります。広々とした和室があり、懐かしく落ち着いた雰囲気を味わうことができます。
ここには展示室があり、名古屋の陶業などについて紹介しています。

文化のみち橦木館文化のみち橦木館

文化のみち橦木館

和室からは緑が多い庭園がご覧いただけます。庭園の一角には茶室もあります。
和館の裏には、東西2棟の土蔵があります。
文化のみち橦木館

----------
【見学所要時間のめやす】
・ひととおり見る 30分
・ゆっくりまわる 60分

----------
文化のみち橦木館
◎交通アクセス
 メーグル「文化のみち二葉館」バス停下車 西へ徒歩3分
 市バス 「東片端」バス停下車 北へ徒歩3分
◎場所
 名古屋市東区橦木町2-18
◎当施設のホームページ
 http://www.shumokukan.city.nagoya.jp/
◎開館時間
 10:00~17:00
◎休館日
 月曜日(祝日の場合は翌日)・12月29日~1月3日
◎入場料
 ・高校生以上 200円(1日乗車券をお持ちの方 160円)
 ・中学生以下は無料
【注意】上記データは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://megurubus.blog45.fc2.com/tb.php/283-7efd95c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

KAZサン

Author:KAZサン
名古屋の観光ガイドボランティアとして、観光ルートバス「メーグル」車内で案内活動をしています。
鉄道やバス、自転車を使って、日本各地を旅するのが好きな人です。
詳しくはこちら

attention.gifお願い
このブログは私設ページですので、公式情報はメーグルおよび各施設の公式ページをご参照ください。
各ページのデータは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター