Entries

TOP > ARCHIVE - 2009年07月

スポンサーサイト

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館

三菱東京UFJ銀行貨幣資料館(旧東海銀行貨幣資料館)は1961(昭和36)年に旧東海銀行の創立20周年を記念して開館し、日本および世界各国の貨幣の展示および歌川廣重の版画類を所蔵・展示している資料館です。...

名古屋陶磁器会館

名古屋陶磁器会館は、1932(昭和7)年に名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として建設された建物です。その後、1949(昭和24)年に財団法人名古屋陶磁器会館が会館の管理・運営を受け継いでいます。この建物の1階はギャラリーとなっており、陶磁器製品を見ることができます。陶磁器の販売も行っているそうです。...

名古屋の風景(1)-青空とテレビ塔

今日(2009年7月20日)の朝、梅雨の中休みの青空が見えました。青空をバックに、名古屋テレビ塔を撮影。...

名古屋開府400年オリジナルブログパーツを設置しました

名古屋開府400年ウェブサイトに「名古屋開府400年オリジナルブログパーツ」がありました。名古屋開府400年のキャラクターが、開府400年までのカウントダウンや各種情報を表示するもので、無料で使用できるとのことです。このブログにも早速設置してみました。記事の横ではち丸・だなも・エビザベス・かなえっちが動き回っていて、いいアクセントになっています。...

片山八幡神社

メーグルで徳川園・徳川美術館・蓬左文庫に到着する前/発車した後に、「徳川町」という交差点を渡ります。この交差点の北西角に「片山八幡神社」があります。片山八幡神社は、第26代継體(けいたい)天皇(507?~531?/6世紀)の頃に現在の地に鎮座したとのことです。その後荒廃しましたが、江戸時代になり尾張徳川家2代藩主の光友(みつとも)によって再興され、名古屋市中の北東にあたるということで、鬼門除けの神社としてあが...

大相撲名古屋場所

2009年7月12日(日)から26日(日)まで、愛知県体育館で「大相撲名古屋場所」が行われています。市内で「相撲のぼり旗」を見たり、地下鉄や市バス(メーグルでも!)で力士さんをお見かけします。このような光景を見ると夏の訪れを感じます。名古屋の初夏の風物詩とも言えます。名古屋城の隣(東門の対面)にありますので、観光のついでに立ち寄られてはいかがでしょうか。...

メーグルのバス停の場所

メーグルのバス停の場所(おおよその目安)をご案内します。なお、道路通行止などによりバス停が移設されることがありますので、ご了承ください。(最新の情報は、なごや観光ルートバス「メーグル」ホームページや名古屋市交通局ホームページでご確認願います)名古屋駅 >>>8番のりばバス停のめやす(Yahoo! 地図)名古屋駅交差点(駅前ロータリー)の北西側にある「8番のりば」からメーグルが発車します。JR名古屋駅の...

名古屋のキャラクター

日本全国を旅していると、いろいろな地域や施設などで「マスコットキャラクター」を見かけます。全国的に知られているキャラクター、地元の人に親しまれているヒーロー(←その地域の人だけに知られているケース多)など、旅人にとっても出会えると楽しいな、ラッキーだななんて思います。名古屋にも、さまざまなキャラクターがいます。ほんの一部ですが、ご紹介します。...

名古屋発めずらしい乗りもの

メーグル車窓・沿線案内「基幹バス」の記事で、基幹バスは日本初の中央走行方式を採用した路線バスと紹介しました。この地方には、他にも「日本初」の乗りものがあります。...

名古屋の紹介

名古屋の街は、1610(慶長15)年の名古屋城築城から始まると言われています。この地方は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑や鎌倉幕府を開いた源頼朝をはじめ、多くの大名が生まれました。今の名古屋の街ができたきっかけは、徳川家康が町ごとそっくり移転する「清須(清洲)越し」を行ったことで、この地に城下町が形成されていきました。この地方は「ものづくりの街」ともよばれています。もともと名古屋の地は、この地方の...

Appendix

プロフィール

KAZサン

Author:KAZサン
名古屋の観光ガイドボランティアとして、観光ルートバス「メーグル」車内で案内活動をしています。
鉄道やバス、自転車を使って、日本各地を旅するのが好きな人です。
詳しくはこちら

attention.gifお願い
このブログは私設ページですので、公式情報はメーグルおよび各施設の公式ページをご参照ください。
各ページのデータは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。