Entries

TOP > メーグル車窓・沿線案内

袋町お聖天 福生院

大ナゴヤ大学長者町ゼミの方より、長者町エリアに「神々のテーマパーク」とか「神様のデパート」、「ご利益のコンビニ」などとよばれる神社があると教えていただきました。その神社は、袋町お聖天 福生院(ふくろまちおしょうでん ふくしょういん)です。1386年に愛知郡中村の里に建立、清洲城主をはじめ広く一般の人が参拝していました。そして、慶長遷府令(清洲城下の名古屋への移転、清須越し)にともない、1617年に現在の地に...

名古屋東照宮と那古野神社

丸の内(外堀通「新御園橋」交差点の東)に、尾張名古屋に由緒ある2つの神社があります。名古屋東照宮は、日光東照宮と同じく、徳川家康を祀る神社です。1619年に尾張藩初代藩主・徳川義直が三の丸に創建し、1876年に現在の地に遷座しました。毎年4月17日に東照宮例祭が、前日の4月16日に前日祭として舞楽奉納神事が行われます。那古野(なごや)神社は、911年創建と伝わり、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を祭神としています。名古...

愚痴聞き地蔵とおもかる石

メーグルガイドボランティアのIさん、円頓寺商店街付近で「愚痴聞き地蔵さまで愚痴を、おもかる石で願いを話して、名古屋の旅を締めくくって下さいね」とガイドしていると教えていただきました。愚痴聞き地蔵は、那古野町の「曹洞宗桂芳院」にいらっしゃいます。桂芳院は6体のお地蔵さまをお祀りしていて、道路に面したところに延命息災、子育て健康、身代わり、守護水子、合格満願、厄除け交通安全のお地蔵さまが祀られています。...

ナナちゃん人形

名古屋駅の名鉄バスセンター前には、世界最大のマネキン人形「ナナちゃん」人形があります。スーツやドレス、カジュアルな服はもちろん、季節によっては水着や浴衣、クリスマスの衣装、学生服(!?)など、あらゆる衣装を着こなすモデルのような人形です。名前の由来は、名鉄百貨店「セブン館(現・ヤング館)」がもとになっています。名古屋駅の待ち合わせ場所としてナゴヤ人に愛されているナナちゃん、みなさんも会いに来てください...

金城学院高校 榮光館

白壁・主税・橦木町町並み保存地区(文化のみちエリア)の北、「白壁(しらかべ)」交差点の南西にある学校が「金城学院(きんじょうがくいん)高校」です。金城学院は1889年(明治22年)に開校した私立の女子中・高校です。名古屋の名門校のひとつと言われています。金城学院高校の校内にある「榮光館(えいこうかん)」は、1936(昭和11年)に建築されました。スペイン瓦に清楚な白壁が特徴の建物で、深い彫りのアーチ窓が連続し...

片山八幡神社

メーグルで徳川園・徳川美術館・蓬左文庫に到着する前/発車した後に、「徳川町」という交差点を渡ります。この交差点の北西角に「片山八幡神社」があります。片山八幡神社は、第26代継體(けいたい)天皇(507?~531?/6世紀)の頃に現在の地に鎮座したとのことです。その後荒廃しましたが、江戸時代になり尾張徳川家2代藩主の光友(みつとも)によって再興され、名古屋市中の北東にあたるということで、鬼門除けの神社としてあが...

納屋橋

最終便(名古屋駅16:30発)のメーグルは、短縮ルートでの運行ということで「広小路伏見」バス停以降も広小路通を走ります。広小路通にある堀川にかかる橋は「納屋橋(なやはし)」といい、堀川ができた時から架けられています。現在の橋は1981(昭和56)年に架け替えられたものです。...

広小路通と本町通

メーグルは、栄から伏見まで「広小路通(ひろこうじどおり)」を走ります。広小路通は、名古屋駅南の笹島(ささしま)から伏見、栄を通り池下まで東西に走る道路です。江戸時代、名古屋開府の時から存在していた、歴史ある通りです。...

盲導犬サーブ

サーブは、雌のシェパードの盲導犬でした。自分の足を犠牲にして主人を交通事故から守ったことで知られています。メーグル「名古屋テレビ塔」を出発すると、「広小路久屋東」交差点を曲がる時に左手に「盲導犬サーブの像」がご覧いただけます。...

栄(さかえ)は、名古屋で一番の繁華街です。江戸時代、名古屋開府のころは商業の町で、現在もデパートやブランドショップが集結しています。ここには、三越、丸栄、松坂屋、パルコの百貨店が集まっています。...

Appendix

プロフィール

KAZサン

Author:KAZサン
名古屋の観光ガイドボランティアとして、観光ルートバス「メーグル」車内で案内活動をしています。
鉄道やバス、自転車を使って、日本各地を旅するのが好きな人です。
詳しくはこちら

attention.gifお願い
このブログは私設ページですので、公式情報はメーグルおよび各施設の公式ページをご参照ください。
各ページのデータは記事をアップした日のものです。必ず最新の情報をご確認ください。

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター